5 – International joint research to compare the mega sporting events held in succession in Japan and France

International joint research to compare the mega sporting events held in succession in Japan and France

The threat of the new coronavirus as forced the Olympic and Paralympic Games to be postponed for the first time in history. However, Japan’s « Golden Sports Years » have arrived as a result of hosting the 2019 Rugby World Cup, the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games (postponed to 2021), and the 2021 Kansai World Masters Games. After Japan celebrates its first ever Golden Sports Years, mega sporting events such as the 2023 Rugby World Cup and the 2024 Paris Olympics and Paralympics will be held in succession in France (the 2025 World Masters Games will be held in Taiwan as Paris lost the bid to host). There is now a need for international joint research to compare the mega sporting events held in succession in Japan and France. Osaka (Japan) and Val d’Oise (France) are friendly exchange cities, and the Osaka Kansai Expo will be held in 2025. The Expo could be viewed from the perspective of a mega event, paying particular attention to the environment and sports activities for young people.

新型コロナウィルスによる脅威がオリンピック・パラリンピック競技大会を史上初となる延期へと追い込んだ。しかし、日本において、2019年ラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会(2021年へ延期)、2021年には関西ワールドマスターズゲームズという「ゴールデンスポーツイヤーズ」が到来している。日本が史上初となるスポーツゴールデンスポーツイヤーズを迎えた後、フランスにおいて2023年ラグビーワールドカップ、2024年パリオリンピック・パラリンピックというメガスポーツイベントが連続して開催される(2025年ワールドマスターズゲームズ台湾、パリは落選)。今、日本とフランスにおいて連続して開催されるメガスポーツイベントを国際比較する共同研究が求められている。大阪府とフランス・ヴァル=ドワーズ県は友好交流都市であり、2025年には大阪・関西万博が開催される。メガイベントの観点からも注視できる。特に、環境、若者におけるスポーツ活動は重要となってくるだろう。

  • 13 April 2021 | 10 am – 12 am (France) | 5 pm – 7 pm (Japan)
  • Online – In English
  • Speaker: Professor Masamichi Aihara (Osaka University of Economics)
  • Discussant: Alexandre Faure (FFJ, EHESS)
Video

> Slides of the session <


Masamichi AIHARA

Masamichi Aihara is Professor in Faculty of Human Sciences, Advisor to the President and Director of Sports & Culture Center at Osaka University of Economics, Member of Japan Academic Olympic and 2016 & 2020 Tokyo Olympic Paralympic Bit Committee Member. He is also currently an Osaka Prefecture Expo’70 Commemorative Park Management Council member, an Osaka City Sports Promotion Policy Review Experts Committee member, and the Vice Chairman of the Osaka-Kansai Sports Tourism & MICE Promotion Council.

Books:

  • Olympic and Paralympic Learn from a Diversifying Perspective (Koyoshobo, 2017)
  • Essence of Modern Sports (Koyoshobo,2016)
  • Sports perspective series 1-7 (All Co-authored, Koyoshobo)

Award:

相原 正道

大阪経済大学学長補佐、スポーツ・文化センター長、人間科学部教授。日本オリンピックアカデミー会員。2016&2020東京オリンピック・パラリンピック招致委員会。現在、大阪府 日本万国博覧会記念公園運営審議会委員、大阪市スポーツ振興施策検討有識者会議委員長、大阪・関西スポーツツーリズム&MICE推進協議会 副会長。

著書に、

  • 「多角化視点で学ぶオリンピック・パラリンピック」(単著)晃洋書房, 2017
  • 「現代スポーツのエッセンス」晃洋書房, 2016
  • 「SPORTS PERSPECTIVE SERIES 1~7(すべて共著)晃洋書房

受賞

Rechercher dans OpenEdition Search

Vous allez être redirigé vers OpenEdition Search